フォトフェイシャル

スポンサードリンク

フォトフェイシャルとは

フォトフェイシャルとは、素肌に若さを呼びさまし(アンチエイジング)

ハリと潤いを与える、光の力を利用した最先端の美肌治療法です。

フォトフェイシャルはレーザーに似た光線療法です。

当初はシミやアザの治療に使われていましたが

現在ではアンチエイジング治療にも用いられています。

フォトフェイシャルによる治療の優れている点は

「皮膚を切らない」ことです。

フォトフェイシャルの治療では

麻酔をする必要もなく、肌をメスで切る必要もないので

身体への負担が最小限に抑えられます。

フォトフェイシャルは

顔全体に有効な光線(IPL=Intense Pulsed Light)をあてることで

若々しい素肌に改善していきます。

フォトフェイシャル治療

フォトフェイシャル治療はこんな症状に効果的です。

シミ・ソバカス

30代くらいからでき始めるシミ(老人性色素斑)は、紫外線が原因のメラニン色素の定着が原因です。

このメラニン色素にフォトフェイシャルの光をあてることにより、色素が沈着している部分が浮き上がり、数日後には皮膚の代謝によってシミ・ソバカスが剥がれ落ちます。

特にフォトフェイシャルは、従来の医療用レーザーでは治療の難しかった肝斑にも効果があるといわれています。

赤ら顔・毛細血管拡張症

赤ら顔とは、顔の毛細血管が広がって見える状態のことをいいます。フォトフェイシャルの光をあてると、肌表面に見える余分な血管がダメージを受け、赤ら顔の解消にある程度の効果をもたらします。

しかしながら、赤ら顔や毛細血管拡張症、鼻の赤みなどは、Vスターレーザー(V‐STAR Laser)の方が良いでしょう。

Vスターレーザーは赤みの原因であるヘモグラビンを選択的に吸収する性質があるため、赤みの原因だけを集中的に治療することができます。

毛穴の開き

フォトフェイシャルは、開いた毛穴を引き締め、凹凸になってしまった皮膚を、きめ細やかな美しい肌にする効果があります。

スポンサードリンク